本文へ移動

新ブログ『今日はなにしたの?』

子どもたちの様子

RSS(別ウィンドウで開きます) 

雨の続く7月始まりです

2020-07-02
7月に入り、通常登園になってから1カ月たちました。 7月初日の天気は雨が降ったりやんだりと、外遊びもできずに落ち着かない天気が続きましたが 子どもたちは元気よく登園し、それぞれに充実した毎日を過ごしていました。 お仕事では、子どもたちとそれぞれ興味を持ったお仕事を手に取り、集中して行う姿が見られました
黄色さんもお仕事では、タオルを絞る・縫い刺し・はさみ などの指先を使う活動に興味を持ち、お仕事しています。 
赤さん、青さんもだんだんと “以前のお兄さんお姉さん”がやっていた、憧れのお仕事に挑戦できるようになった子も出てきて、言語や数の教具に自分から興味点をもってお仕事を進めています。 また、給食をゆんびするお当番活動にも積極的に取り組んでいます
7月1日は、水遊びの予定でしたが天候が不安定のため取りやめになり、お外遊びをしました。 少しだけでも水遊びの感覚を味合わせてあげたいという思いから、いくつかの大きなたらいの中に水を入れたところ、園庭に少し残っていた水たまりもあり、道具を使って水をすくったり、船を浮かべたり、水たまりを横にひろげたり、それぞれが思い思いに楽しんでいる様子でした。  
お外遊び中に、園で育てているキュウリやトマトの成長に関心を寄せて観察する子もいて、大きくおいしそうに育った野菜を見て目を輝かせていました。明日 キュウリを少しずつ分けて皆で食べようかと思いっています
 
 
* はやかわ さえ 先生 *

通常通りの保育が再開しました

2020-06-02
長かった自粛期間も明け、まだまだ警戒も必要な日常ではありますが、通常通りの登園が始まりました。
自粛期間も登園してきていた子は、慣れ始めている子もいる様子です。
入園してから初めて幼稚園に来る新入園児も多く、まだまだ慣れない環境の中ですが、それぞれが
積極的にお仕事に取り組む姿も見られました。
 
園生活の中で、黄色さんのお友だちが困っていると、ペアさんではない青さんや赤さんの大きいお友だちも
声をかけ、教えてあげたり、お手伝いしてくれたりと頼もしく、黄色さんたちも安心して幼稚園生活を過ごしていました
 
 
- こはら さあや 先生-
 
 

新入園児にとって初めての登園でした

2020-04-09
登園した方が少ない中、新入園児にとっては初めての登園日を迎えました。
朝、泣いている子もいましたが、教具に向き合うと泣き止む子がほとんどでした。
モンテッソーリの活動で集中した後は、トイレやロッカーの使い方をお兄さんお姉さんと一緒によく聞いて
お外遊びもして、充実した顔をしていました。
 
今日一日の様子を動画にしました。保護者ログインページからご覧いただくことができます

パターンが与える子どもへの知性

2019-08-08
只今幼稚園は、夏の自由登園日を行っています。
自由登園日でも、生活リズムはいつもと同じです。朝登園してきて、モンテッソーリ活動である、お仕事の時間があって、
その後ちょっといつもと違う早めのプール に入って、お母さんの持たせてくれたお弁当を食べます。
 
こどもにとって“いつもと一緒”ということは、もちろん安心感も与えてくれるものですが、実はそれ以上の効果を発揮しているのです。 それは、パターンを発見するという事です。ここに一役買っているのが “ちょっといつもと違う事”です。完全にいつもと一緒の流れ ではなく、楽しいけどいつもとちょっと違う。 これが、苦痛なく子どもに「違い」を自覚させて、パターン・規則性を見いだす元になっていきます。
 
規則性を理解する ということは、実は言語の理解と密接な関係があります。
人間の リズムを感知できる能力は、他の動物では鳥くらいしかもっていないのです。 この能力は、赤ちゃんの頃から生活リズムや体に感じる振動、感覚などで培われていきます。 つまり、感覚の敏感期である時期に 規則性をもった生活をしたり、感覚的にパターンを発見したりという事をよく繰り返した子どもは、言語能力が格段に伸びていくのです。
 
幼稚園に通い始めると言葉が増える!と言われる理由は、たくさんのお友だちによってインプットされる言葉の多さもありますが、生活リズムが整って、感知できる規則性が増えるから ということもあったりするのです。

絵本の貸し出し

2018-10-25
絵本の貸し出し という日が、毎週木曜日に設定されています。
幼稚園にあるたくさんの絵本や図鑑等を、借りて持って帰る日です。
くくや台幼稚園の子ども達は、絵本が大好きな子が多くいます
最初はやはり、絵や面白いタイトルから惹かれて読み始めたりもしますが、
だんだん好みの本が系統付けられていきます。 
挿絵のすくない、簡単な“児童書”も読みこなす子も出てきます。
イメージ力が豊かになる4歳~5歳の子どもは、読んでいる時にとにかく
『因果関係』を気にしだします。言葉としては、「これって○○だからだよね」 や、「このあときっと○○になっちゃうよ」というような言葉が出てくる時が 一番絵本との親和性の高い時期です。
その時期に、子どもの体験してきたことと結びつくような絵本を与えてあげると 火が付いたようにどん欲に絵本や物語を求め始めます。
 
そして、クリスマス会のオペレッタを提供する最良の時期がきます
くくや台幼稚園
〒306-0042 
茨城県古河市三和176-5
TEL.0280-48-3223
0
3
3
2
9
9
TOPへ戻る