くくや台幼稚園 |幼稚園|はとぽっぽくらぶ|茨城県古河市

 

新ブログ『今日はなにしたの?』

 

子どもたちの様子

子どもたちの様子
フォーム
 
クリスマス会まであと数日
2017-12-05
今、幼稚園の中では クリスマス会の練習を頑張っている子ども達の声が毎日聞こえてきます。
一つの劇や歌を作るにあたって大切にしていることの一つに“子ども達の心(感性)を大切にする”
というものがあります。歌や劇にしても必ず、子ども達一人一人がイメージできるようにして、できる限り先生が先導しないようにしていく必要があります。
誰かが面白い動きをしたらその行動を一緒に面白がって子どもたちと共有したり、役になりきって身振り手振りをしだしたら
他の子にもわかるように、その動きの元にある登場人物の心を代弁してみたり…子どもからの発信を大切にしながら表現を引き出していきます。
そんな中でも、『皆とあわせること』『心をひとつにすること』は必要になってきます。
漠然とした言葉ですが、こういった行事を通して大きく育っていきます。ただし、それは大人からの「皆と合わせて!」
だとか「皆の音をちゃんと聞いて!」という言葉によってではありません。 あくまでも“自分から感じること”に焦点があっていなくてはなりません。
今、セリフを言っているのは誰だろう と考えたり、 自分以外の楽器の音を聴いて、テンポをあわせたり 一人ではできないことを味わうことで、子ども自身の中に『心をひとつにする』ということが理解されていきます。
 
画像にあるのは、子ども達が作った劇の小道具です。これも“自分から関わる”ことの一つになります
<<くくや台幼稚園>> 〒306-0042 茨城県古河市三和176-5 TEL:0280-48-3223