くくや台幼稚園 |幼稚園|はとぽっぽくらぶ|茨城県古河市

 

新ブログ『今日はなにしたの?』

 

子どもたちの様子

子どもたちの様子
フォーム
 
卒園式の練習が始まりました
2015-02-25
今日から第二園舎ホールで卒園式の練習が始まりました。
証書の受け取り方は初めてですが、正しい椅子の座り方、起立の仕方、美しい歩き方などは今までの園生活の総仕上げです。
 
式典にしっかりとした態度で強い意志をもって参加できるように、卒園式まで意識づくりをしていきます。
 
 
アンナこどもの家に行きました!
2015-02-25
2月24日(火)、園のお休みをいただきまして、職員全員で東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター付属の町田市にあるアンナこどもの家へ研修に行きました。
 
3歳から5歳の子のモンテッソーリのおしごとや、1歳〜2歳の小さい子どものインファントのクラスを見学しました。
三学期のこの最後まで、おしごとにしっかりとむかう先生と子どもたちの姿から、子どもたちの切れ目のない大切な欲求に寄り添い続けることの大切さを改めて、実感した研修でした^^
 
1歳、2歳の小さい子どものクラスでは、子どもの自然な欲求に、物静かな接し方で余計な言葉は発せずに、先生の存在によって子どもから気持ちが失われないような配慮を感じる、モンテッソーリ教師としての原点を再認識させられました。
そして1歳、2歳の子どものクラスは、みんなで仲良く過ごすという前段階として、みんなの中での自分を感じ生活する、各々の自分づくりの園生活を今後、作っていきたいと強く思う研修でした。
 
平成27年度からのあらたな出発に、職員一同で共感する有意義な研修となりました(^^)/
 
 
今日はセサミ参観でした
2015-02-17
 セサミ参観がありました。

雨が降り、足元の悪い中 ご参観いただき、ありがとうございました。
お母様やお父様が見ていて緊張したのか力み過ぎたのか、いつもの様子でない子もいましたが
見てもらえて とても満足そうでした
 
 
卒園遠足に行ってきました
2015-02-17
青さんは、卒園遠足に行ってきました。
お家の方と一緒に行くのとはまた違って、電車の中での過ごし方
集団で行動することで 疲れても最後まで歩くこと、勝手にどこかへ行かないなど
様々なお約束を守って 過ごしました。
それでも 事前に作って学習していたしおりを見ながら、見たかった動物を見たり
可愛いと思っていた ヤギの目の怖さに驚いたり 大きいゾウなのは知っていたけど
食べられてしまいそうなほど 大きかったり  それぞれ全力で実感をもって体験し
とても楽しかったようです。
月曜日、幼稚園では 赤さんや黄色さんが
「青さんて 電車に乗ってどっか行ったんでしょ? いいなー」
と 羨ましがっていました。 あおさんになったら、一緒にいこうね^ ^
 
作品展がありました
2015-02-09
 ご参観いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
子ども達は嬉しそうに、また誇らしげに 自分のやってきたものを見せる様子が見られました。
 
お仕事の箱の中身が少ないなと感じたお父様、お母様もいたことだと思いますが、中身の量だけでは
わからないこともあります。
じっくり丁寧にしたい子、深いところまで理解しないと進みたくない子、分かりそうで分からないところをウロウロしている子、様々です。
 
でも、どんな子も望んでいることは同じです。自分のやってきたことを認めて欲しいのです。
 
近いうちに立体のモビールを、年度末にお仕事の箱を中身ごと持って帰ります。
子どもは言われた言葉の通りに育ちます。お前はダメだな なんて声をかけて 奮起できる子は希です。
子どもはそのまま受け止め、僕ってダメなんだ と思うようになります。
過度に 凄いわ!あなたは天才!なんて褒め称える必要はありませんが
どうか、こんなこともできるようになったの?よかったね。お母さんも嬉しいなと声をかけてあげてください。
幼稚園でもお話を聞くときなかなか座っていられない子がいます。
もちろん他の子へ迷惑がかかるような時は叱りますが
こんな子にも
あれ、もしかして手が膝の上で足が揃ってる?と注意を向けてから、いつもは座っていられない子をさして 
はら見て、○○ちゃん すっごい上手に座ってるよ!かっこいいなー 
と声をかけたりします。
長い時間持続することは無理でも、たったこれだけの言葉がけで 座るという意識付ができて
自分は正しいことができる という自己肯定感までつくのです。
 
<<くくや台幼稚園>> 〒306-0042 茨城県古河市三和176-5 TEL:0280-48-3223